精密機械加工のテクノロジーを知る~ハイテク機械登場~

システムの元を探る

アクリル板

システムの内容を調査する

リバースエンジニアリングとは、あまり聞きなれない言葉ですが、精密機械加工のテクノロジーの発展とともになされるようになったものです。リバースエンジニアリングとは、機械の解体やその製品の動作確認などを行うことによって、そのシステムがどのような仕組みで、どのような役割を果たしているのかを知ることです。ただ動作確認や分解を行うのではなく、その機械の本質的な仕組みを分析したり設計図などを解析することによって、精密機械加工の原点に立ち返ることができます。それによってシステム自体を深く理解し、その機械の本質を知ることができるという点が今注目されています。リバースエンジニアリングを専門に扱う会社もでてきたほど、その需要は高まっていると言えます。

その役割とメリットは

リバースエンジニアリングは、本来図面を起こして部品を作り、製品を仕上げるという過程と逆の作業をすることによって行われるものです。このリバースエンジニアリングを利用することによって様々なメリットがあります。まず、先に出来上がった製品から部品を作ることができるということです。その製品自体から必要な情報を解析することによって、図面などを先に作らなくても、図面から部品に至るまでを作成することが可能です。また、他社の製品の仕組みを理解するためにも利用されることが多いです。それは、他社の製品を真似するということではなく、他社の製品よりもさらに優れたものを作るというところにポイントがあり、今や広く利用されるようになっています。

悪いイメージと異なる現実

システム

リバースエンジニアリングはハードウェアやソフトウェアを分解・解析する事です。一般的にリバースエンジニアリングのイメージは余り良くありませんが、消費者でも行える合法行為です。リバースエンジニアリングを行う最大の目的は他社製品との互換性確保です。

もっと見る

電子製品に欠かせないもの

PC

プリント基板は電子製品に欠かせない重要な部品です。配線同士を繋ぎ固定するための部品であり、プリント基板を使うことによってスペースを有効活用し効率化を図ることができます。昔のはんだごてを使う方法よりも効率よく電子製品を作ることが可能となります。

もっと見る

ドイツ生まれの医療装置

ネットワーク

セレックはドイツ産のCAD/CAMシステムの医療器具で、歯の修復物を設計および修復する機械です。3D光学カメラを使用して患部のデータを採取するので型取りの必要がなく、治療時間を一時間程度に大幅短縮できます。

もっと見る